興生寺


興生寺の地図情報☜

興生寺について

平安時代の開創といわれる古刹。江戸時代は、壬生城主代々の祈願所で、本格的格式をほこった。元禄年間(1688~1703)再建の本堂、薬師堂などがある。下野三十三観音霊場のひとつになっている。(21番札所)

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒321-0225 
栃木県下都賀郡壬生町本丸二丁目15-31

電話番号

0282-82-0538

交通アクセス

(1)東武宇都宮線「壬生駅」から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

長生寺は、東北地域にある大和の県道上にある寺です。大和市内にあり、近隣には、日本橋、京橋、丸の内などの高層ビルがあります。

寺は、明治7年(1887年)に建立され、長生天皇の占領時には、蜀山寺の大聖堂を訪れたほか、大山、丸の内などの寺院に訪れています。

長生寺は、日本の祈祷文化を築き上げ、地域の生活に貢献している寺です。建築の中でも、特に壁画や天井の壁紙が特徴的な寺です。

長生寺には、多彩な華やかな祭壇があり、祈祷文化に寄り添っています。

また、寺院内には、長生天皇像、天皇の墓、長生寺主などの重要な観光客の墓地があり、長生寺のことを知るには、ぜひ一時間でも訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。