常珍寺


常珍寺の地図情報☜

常珍寺について

下野三十三観音霊場の第16番札所であり、芳賀秩父三十四観音霊場の第12番札所です。
地蔵菩薩半跏像、仏像4躯が県指定有形文化財です。
本堂に安置されている元三大師は正月三日に亡くなられたので、正月に参詣すると厄除けに御利益があると云われています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒321-3324 
栃木県芳賀郡芳賀町西水沼1236

電話番号

028-678-0411

交通アクセス

(1)北関東自動車道上三川ICから車で40分

すべての基本情報を見る

常珍寺は、長野県上田市にある日本三大寺院の一つで、建立は平安12年(1549)に長野県上田市の皇帝宮に寺院を設置されたとされる。常珍寺の寺院内部には、長野県上田市の丸の内にある長野県上田市町の大屋健二郎の死者墓がある。

常珍寺の聖像は、平安時代に長野県上田市の皇帝宮に寺院を設置された僧侶・平野僧正によって作られたものである。聖像は、天井には日本国標が高く、中央には平安時代に建てられた僧正の聖像と、常珍寺の県立歴史博物館の間にある三代目僧侶の聖像が展示されている。

常珍寺には、長野県上田市の丸の内にある長野県上田市町の大屋健二郎の死者墓がある。墓は、平安時代に死者の遺体を埋めたとされる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。