法蔵寺(茨城県常総市)


法蔵寺(茨城県常総市)の地図情報☜

法蔵寺(茨城県常総市)について

芝居・浄瑠璃などの「累」の物語で知られる累の墓がある。「累」の怪談物語は、江戸時代の戯作者・鶴屋南北のとりあげるところとなり、現在も歌舞伎、清元に語り継がれている。当寺には、累の木像をはじめ、祐天上人が解脱供養に用いた数珠等が保存されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒300-2513 
茨城県常総市羽生町724

電話番号

0297-24-2114

交通アクセス

(1)水海道駅からタクシーで15分

すべての基本情報を見る

茨城県常総市の蔵寺は、中世以降、茨城県に住む多くの信者に寺院として活躍してきました。

蔵寺の名称は、茨城県の資料によると、明治8年(1887)に、東京都内の東蔵寺に寺院を移転したとされています。

蔵寺の寺院内には、多くの木造建物があり、その中でも特に蔵寺の看板建物として知られているのが、「南山」です。

この建物は、天井と一部の高い建物が金属製で、細かなプリントが施されています。

蔵寺の一階には、明治8年(1887)に東京都内の東蔵寺に寺院を移転したとされている蔵寺本堂があります。

蔵寺本堂は、天井部分には大きな金属装飾が施されており、また、看板部分には軍国主義を示唆する文字が施されています。

蔵寺の一階には、明治8年(1887)に東京都内の東蔵寺に寺院を移転したとされている蔵寺本堂があります。

蔵寺の一階には、明治8年(1887)に東蔵寺に寺院を移転したとされている蔵寺本堂があります。

蔵寺の一階には、明治8年(1887)に東蔵寺に寺院を移転したとされている蔵寺本堂があります。

蔵寺の一階には、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。