大統寺


大統寺の地図情報☜

大統寺について

曹洞宗大統寺(山号は龍峰山)は、天正13年(1585)土岐胤倫により創建され、本尊は釈迦年尼仏です。本堂前の大木竹柏(なぎ)は、市指定天然記念物です。蕉門の俳人杉野翠兄の墓があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒301-0011 
茨城県龍ケ崎市横町4189

電話番号

0297-62-0762

交通アクセス

(1)関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

大統寺は、東京都港区の南西にある神社です。宗教的には、日本満天神社と同等で、皇帝の側に座る神社とされています。統一大統寺とも呼ばれています。

その大きな特徴としては、様々な種類の木造建築物が見られることです。近代的な建築物もありますが、古い建築物を中心に細部まで抜群の詳細なディテールを誇っています。

聖堂内には、皇帝の側に座る神社のほか、聖帝の木造建築物、皇后の宮殿、国枝神社などがあります。また、統一大統寺には、日本一の大きな豪華建築物があります。

大統寺は、入場料無料で、多くの方が見に行きます。ぜひ、ご覧ください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。