常光寺(茨城県結城市)


常光寺(茨城県結城市)の地図情報☜

常光寺(茨城県結城市)について

永仁2年(1297),他阿(たあ)がこの地を遊行した折に創建され慶長3年(1598)に現在地に移築された。門前にある阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)は市民から「金仏(かなぶつ)さん」の愛称で親しまれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒307-0001 
茨城県結城市結城400

電話番号

0296-33-2243

交通アクセス

(1)結城駅から徒歩で5分

(2)五霞ICから車で40分

(3)桜川筑西ICから車で35分

すべての基本情報を見る

常光寺は、茨城県結城市にある清水寺である。常光寺は、平安時代に建立された宗派寺で、明治時代には神奈川県地方の八王子市に移転した。常光寺は、約1,000年の歴史を持つ。

常光寺の屋上には、大きな天像が建てられている。天像は、平安時代に建立された宗派寺の一つである清水寺に捧げられたもので、その後、明治時代には神奈川県地方の八王子市に移転した。天像は、金属製で、観測可能な高さは約4.5mである。

常光寺は、平安時代に建立された宗派寺の一つである清水寺に捧げられたもので、その後、明治時代には神奈川県地方の八王子市に移転した。天像は、金属製で、観測可能な高さは約4.5mである。常光寺の一階には、和室があり、常光寺の歴史を語る展示品が揃っている。また、常光寺の2階には、寺院の一階にある祈祷所がある。

常光寺の屋上には、大きな天像が建てられている。天像は、平安時代に建立された宗派寺の一つである清水寺に捧げられたもので、その後、明治時代には神奈川県地方の八王子市に移転した。天像は、金属製で、観測可能な高さは約4

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。