諏訪神社(南中地区)


諏訪神社(南中地区)の地図情報☜

諏訪神社(南中地区)について

旧南中村鴻巣集落の鎮守である。由緒については、唱和3年(1928)の区長報告書によると、昔、千葉胤貞がこの地に中城を築き、その鬼門の方角に守護神として祀った。千葉氏亡き後、葉木氏が氏神として自宅内に移したが、村人の信迎が厚かったので、天文年中(1532~1554)現在地に遷座したと記している。今も城跡を偲ばせる堀跡等が社周辺に点在している。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2257 
千葉県香取郡多古町南中62番地1

電話番号

すべての基本情報を見る

諏訪神社は、南中地区の一つで、東北地域に位置しています。

南中地区に位置しているため、諏訪神社は、東北地方の気候や地形にあわせて、多彩な社群の神社が集まっています。

諏訪神社は、神話に基づいた建物です。

多くの人々が諏訪神社を訪れることで、神話を学ぶことができます。

諏訪神社は、多くの人々の敬意を浴びる神社です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。