日枝大神(方田地区)


日枝大神(方田地区)の地図情報☜

日枝大神(方田地区)について

旧方田村の鎮守である。「由緒書」には、弘治3年(1557)勧請と記されている。境内に入ると、樅の大木と本殿の彫刻の見事さには圧倒される。この村は、こうした立派な本殿を造る敬神の念の深さばかりか、勤勉な村として近隣村々の模範とされていた。その謂は文化9年(1812)正月28日全戸が消失する火災があって、以来復興のために、村人全員が一丸となって努力したその慣わしは、現在に引き継がれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2323 
千葉県香取郡多古町方田371

電話番号

すべての基本情報を見る

「日枝大神」は、方田地区の神社で、元は日本の神道伝承の中心地となっています。

神社の総数は約230社あり、全国の神社の中では少なくとも八社目です。

神社の中では「桜井神社」「茅ヶ崎神社」「金沢神社」が有名ですが、日枝大神は、愛知県にある第二大社として知られています。

日枝大神は、愛知県にある第二大社として知られています。

また、愛知県立大学の大学院博士課程にある「日本古神道学研究科」の博士課程もあり、日枝大神をはじめとした日本古神道に関する研究を行っています。

日枝大神の内部には、愛知県立大学の県立古神道館があり、古神道の学術的な研究を行っています。

また、日枝大神内には、愛知県立大学大学院博士課程にある「日本古神道学研究科」の博士課程もあり、日枝大神をはじめとした日本古神道に関する研究を行っています。

日枝大神は、愛知県にある第二大社として知られています。

また、愛知県立大学の大学院博士課程にある「日本古神道学研究科」の博士課程もあり、日枝大神をはじめとした日本古神道に関

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。