中道山妙観寺


中道山妙観寺の地図情報☜

中道山妙観寺について

日蓮宗の寺である。「寺院明細帳」には由緒不詳と記されているが、「過去帳」には開基日義聖人が万治2年(1659)に創立し、時に檀中三戸のみと記されている。さらに欄外に、宝永2年(1705)2月19日夜、檀林や西谷農家の火災の始終や、天明7年(1787)再度の檀林の火災が記録されている。境内にある天明2年(1782)の刻字のある石塔には、多くの聖人名だけが故意に削り取られていて、当時の不受布施派への弾圧の厳しさを物語っている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2251 
千葉県香取郡多古町北中1125番地2

電話番号

すべての基本情報を見る

道山妙観寺は東北地域の美しい寺院で、道山の高原を背景にした建築である。建物の場合、屋根、壁、天井、廊下、階段等を一体的に構成している。寺院内には、宗教的な文化を体現した高級室内設備が数多く設置されており、外観からも、その宗教的な価値を強調することができる。道山妙観寺は、2013年に国宝登録された。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。