東漸院(埼玉県草加市)


東漸院(埼玉県草加市)の地図情報☜

東漸院(埼玉県草加市)について

市内最古の寺院で、1591年徳川家康から朱印地3石を賜った。山門は市指定文化財。毎寅年(12年に一度)の4月8日に、秘仏薬師如来が開帳される。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒340-0001 
埼玉県草加市柿木町1286

電話番号

048-931-1488

交通アクセス

(1)東武スカイツリーライン新田駅からバスで20分(【新01】柿木循環「柿木公民館」停留所下車)

東武バス柿木公民館停留所から徒歩で5分(【新01】柿木循環「柿木公民館」停留所下車)

すべての基本情報を見る

東漸院は埼玉県草加市の西南部に位置しており、約2000年前に草加市の北部に移住した人々が創り出した家族の地です。 一般的な住民の生活を支える農作物や漁業に加えて、日本の伝統的な川岸懐石工芸などの文化を継承してきた地です。

東漸院は、漁業や冬場の漁業など様々な活動を行っています。また、学校や芸術施設、高校などの専門学校、観光地としても活用されています。東漸院では、日本の伝統的な川岸懐石工芸や日本への集会などが行われています。
東漸院は埼玉県草加市の西南部に位置しており、約2000年前に草加市の北部に移住した人々が創り出した家族の地です。 一般的な住民の生活を支える農作物や漁業に加えて、日本の伝統的な川岸懐石工芸などの文化を継承してきた地です。

東漸院は、漁業や冬場の漁業など様々な活動を行っています。また、学校や芸術施設、高校などの専門学校、観光地としても活用されています。東漸院では、日本の伝統的な川岸懐石工芸や日本への集会などが行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。