「箕甲山」保安寺


「箕甲山」保安寺の地図情報☜

「箕甲山」保安寺について

山岡鉄舟筆「竜」釈迦涅槃図、釈迦誕生図、十三仏図、とうかん山古墳、如意輪観音像、板戸の堀絵境内には80種類の紫陽花、1300本が植えてある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒369-0105 
埼玉県熊谷市箕輪180

電話番号

0493-39-1439

交通アクセス

(1)JR吹上駅から車で10分

すべての基本情報を見る

箕甲山保安寺は、東北地域にある、聖なる山のひとつです。保安寺の名前の由来は、箕甲山にある保安の教会からきたものです。保安寺内には、保安室、天王殿、法華寺など、多彩な殿堂があります。保安寺には、毎年、年間に渡って大量の野菜が販売され、箕甲山保安寺を代表するとされる野菜「箕甲」を作っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。