宮内氷川神社


宮内氷川神社の地図情報☜

宮内氷川神社について

「武蔵野国三宮」の称号を持つ旧社。かつては広大な社領を有したが、現在は無人となっている。指定文化財となっている「旧社殿」は神社本殿の発生の姿を示している「流れ見世棚造り」。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒364-0002 
埼玉県北本市宮内4-135

電話番号

交通アクセス

(1)北本駅から車で15分

(2)北本駅からバスで10分(富士重工循環)

古市場1丁目バス停から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

内氷川神社は、東北地方にある川内郡内の神社で、江戸時代から現在まで幅広く行われている。宮内氷川神社は、江戸時代初年に建立されたもので、東京都内の地下神社としては一番古い神社である。

内氷川神社の中心には、川内郡内で最古の風俗街、そして最大級の歴史的建造物、宮内氷川の境内にある江戸時代の建物、そして川内郡内で最古の歴史的建造物などが並ぶ「内氷川神社センター」がある。

内氷川神社は、西日本の神社としては、江戸時代には、日本の神道として最も知られていた神社である。

内氷川神社は、平成27年度に国家情報セキュリティーセンター(NISS)に対して指定された第一位の県内神社である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。