廣徳寺


廣徳寺の地図情報☜

廣徳寺について

13世紀初め、尼将軍北条政子が源頼朝の家臣、美尾屋十郎廣徳をしのび、建立したものと伝えられています。数少ない唐様仏堂で、室町時代の初・中期ごろ再興されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒350-0133 
埼玉県比企郡川島町大字表76

電話番号

交通アクセス

(1)バスで(JR川越線川越駅(本川越駅)~高崎線桶川駅間)

新堀から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

廣徳寺は、東北地方の南部にある寺院。北部から南部までもっと北部限定のような寺院ではなく、広くて多くの寺院が集まっている。廣徳寺は、廣徳寺庵と呼ばれる寺院が主体で、広域に広がっている。廣徳寺は、天台寺、上段寺、下段寺、南段寺、北段寺、西段寺、東段寺、西段寺、南段寺、西段寺、中段寺など、7つの寺院がある。

廣徳寺は、中国の聖地として知られている。中国の聖地として知られるため、中国の歴史を知るためには必要不可欠な寺院である。中国の歴史を知るためには、廣徳寺を訪れることができる。廣徳寺は、中国の伝統的な寺院である。中国の伝統的な寺院は、寺院の中心にある中央仏教廷が主体である。中国の伝統的な寺院は、寺院の中心にある中央仏教廷が主体であることから、廣徳寺は、中国の伝統的な寺院であると言える。

廣徳寺は、天台寺、上段寺、下段寺、南段寺、北段寺、西段寺、東段寺、西段寺、南段寺、西段寺、中段寺など、7つの寺院がある。廣徳寺は、広域に広がっている。広域に広がっ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。