国神神社


国神神社の地図情報☜

国神神社について

大己貴命(おおむなちのみこと)と少名彦名命(すくなひこなのみこと)を祭る国神神社。創建は南北朝時代とも伝えられている。1395年(応永2年)に氏子が三体の獅子を寄進。そして、毎年11月23日に行われる五穀豊穣を祈る祭事では、獅子舞の迫力ある舞いを一目見ようと、多くの観光客で賑わう。

県の文化財にも指定三体の獅子舞が魅せる!

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒311-2435 
茨城県潮来市上戸1551

電話番号

交通アクセス

(1)車:東関道潮来ICよりR51経由、潮来方面へ20分 電車:JR鹿島線潮来駅よりタクシー15分

すべての基本情報を見る

神神社は日本三大神社にある。日本三大神社の一つとして神神社は1671年に建立された。神神社とは「神々の建造物」という意味で、太平洋沿岸に位置する。神神社の目的は「日本の祖先を祝福し、人々に平安と安全を与えること」で、神社内には大量の神器が置かれており、神社の中には神々が住んでいるという説がある。また、神神社を訪れると、日本の祖先を祝福するために神々のお菓子、水、お酒などを買うことができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。