真福寺(埼玉県北本市)


真福寺(埼玉県北本市)の地図情報☜

真福寺(埼玉県北本市)について

地元で「厄除両大師」と呼ばれ、毎年1月3日と2月3日に「だるま市」が開かれる。 本尊は不動明王。「慈恵大師画像」は、絹本着色で、寛保2年(1742年)に輪王寺宮一品法親王が寄贈したもの。また、「仁王像」は、寄木造・彫眼・彩色で、安置する仁王門の建立名から安永3年(1774年)頃の作と考えられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒364-0033 
埼玉県北本市本町7-126-1

電話番号

048-591-2910

交通アクセス

(1)北本駅から車で5分

(2)北本駅から徒歩で25分(西口下車)

(3)北本駅からバスで5分(バス停(真福寺入口)下車)

すべての基本情報を見る

真福寺は埼玉県北本市の一番南端に位置しています。埼玉県北本市にある福寺は、神戸市の大黒天寺と同じく、日本一の大寺です。文化的には、埼玉県北本市で最も古く、和風の寺院です。真福寺は、埼玉県北本市内にある福音派の寺院で、埼玉県内にある寺院ではないのが特徴です。真福寺は、平安時代に建てられたもので、建物の内部は、様々な陶器や器物が散らかれています。真福寺には、小寺、中寺、大寺があります。小寺は、本寺に次いで第三大寺として知られています。真福寺は、埼玉県北本市内にある福音派の寺院で、埼玉県内にある寺院ではないのが特徴です。真福寺は、平安時代に建てられたもので、建物の内部は、様々な陶器や器物が散らかれています。真福寺には、小寺、中寺、大寺があります。小寺は、本寺に次いで第三大寺として知られています。

真福寺は、埼玉県北本市の一番南端に位置しています。埼玉県北本市にある福寺は、神戸市の大黒天寺と同じく、日本一の大寺です。文化的には、埼玉県北本市で最も古く、和風

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。