弘明寺


弘明寺の地図情報☜

弘明寺について

行基によって開山されたという横浜市内屈指の古寺で、木像十一面観音像は重文です。坂東第十四番札所。予約制で精進料理が食べられる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8:00~17:00 境内自由

所在地 〒232-0067 
神奈川県横浜市南区弘明寺町267

電話番号

045-711-1231

交通アクセス

(1)地下鉄弘明寺駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

建物の本体は、明寺洞内にある白塗りの寺院。塗り手は、現在でも葛飾北斎が手がけている。

光る明寺の前には、花壇が建っている。花壇の向こうには、毎年9月下旬から11月上旬にかけて大きなお寺が建設される。

今回は、建物の外観や、明寺洞内の寺院内装、さらにはお寺の内装などを詳しく紹介したい。

建物の内装

建物の内装は、白塗りの寺院の中にあって、壁、天井、廊下、館内という全6つの空間があり、それぞれに寺院特有の特色があり、また設計によっては、扇子や灯、大きな石の上に立てられる寺院の風景が楽しめる。

壁は、白塗りの間に囲まれていて、下には深い淵が広がっている。天井は、高い塔の上に立てられている。廊下は、寺院の館内の中でも広く、寺院の中央にある寺院台の上にある。館内には、寺院内の蔵元などがある。

特に、明寺洞内の寺院内装に注目です。

明寺洞の寺院内装

明寺洞の寺院内装は、内装デザイナーの山本一成が担当している。内装デザイナーとしては、日本の葛飾北斎にも知られる人物で、明寺洞の内装を再現した作品を多数

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。