多聞院と毘沙門堂


多聞院と毘沙門堂の地図情報☜

多聞院と毘沙門堂について

開拓民の祈願所として創建された真言宗の寺。本尊に大日如来を安置し、毘沙門堂には武田信玄の守り本尊であった金の毘沙門天王を祀る。寅まつり、ボタンの寺として有名。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒359-0002 
埼玉県所沢市中富1501

電話番号

交通アクセス

(1)西武新宿線「航空公園駅」下車  ところバス北路線(富岡循環コース)乗車「多聞院通り西」下車 徒歩5分

西武新宿線・池袋線「所沢駅」下車  西武バス「上福岡駅西口」 or 「大宮駅西口」行き乗車 「中富角」下車 徒歩15分

すべての基本情報を見る

二重層社会関係における聞院と毘沙門堂の関係について、

・二重層社会関係における聞院と毘沙門堂の関係には、院内での連携・協力・協調といったものが重要な役割を果たしている。

・聞院と毘沙門堂は、各自が独自の立場から社会に及ぼす影響を考慮したものであり、その中でも院内での連携・協力・協調といったものが重要な役割を果たしている。

・二重層社会関係における聞院と毘沙門堂の関係は、日本の共通認識や理解において深い影響を与えている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。