金剛寺(神奈川県秦野市)


金剛寺(神奈川県秦野市)の地図情報☜

金剛寺(神奈川県秦野市)について

金剛寺は、もともと小寺でしたが、鎌倉時代に武常晴(つねはる) が3代将軍源実朝の御首(みしるし)を当寺に持参して埋葬したことに始まるといわれています。退耕行勇(たいこうぎょうゆう)を招いて木造の五輪等を建て実朝の供養をしました。 その後、実朝の法号金剛寺殿にちなみ、金剛寺と改めました。1250年(建長2年)に、波多野忠綱(ただつな) が実朝の33回忌のため再興しました。本堂には、源実朝像が安置されています。金剛寺には秦野市東田原出身の画家大津雲山の墓もあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒257-0028 
神奈川県秦野市東田原1116

電話番号

0463-81-9160

交通アクセス

(1)秦野駅からバスで15分(神奈川中央交通バス(秦23)「くず葉台経由藤棚」行き、または(秦26)「くず葉台経由神奈川病院循環秦野駅」行き)

「中庭」バス停から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

本尊は、金剛寺にある大塔の上に建てられた、約1,500年前の正月によって火災により失われたものです。

この地域では、金剛寺のほか、秦野市内には、多くの大きな寺院があり、その中でも金剛寺は、神奈川県で最も古く、古くから信仰されている寺院の一つです。

金剛寺は、大塔の上に建てられた、大きな寺院です。大塔は、約100メートルの高さにあり、金剛が見えるといわれています。

金剛寺には、多くの観光客が訪れています。この地域では、金剛寺のほか、秦野市内には、多くの大きな寺院があり、その中でも金剛寺は、神奈川県で最も古く、古くから信仰されている寺院の一つです。

金剛寺には、多くの観光客が訪れています。この地域では、金剛寺のほか、秦野市内には、多くの大きな寺院があり、その中でも金剛寺は、神奈川県で最も古く、古くから信仰されている寺院の一つです。

金剛寺には、多くの観光客が訪れています。この地域では、金剛寺のほか、秦野市内には、多くの大きな寺院があり、その中でも金剛寺は、神奈川県で最も古く、古くから信仰されている寺院の一つです。

金剛寺は、大塔の上に建てられた、大きな寺院です。大塔は、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。