黒瀧山不動寺


黒瀧山不動寺の地図情報☜

黒瀧山不動寺について

標高870mの黒滝山に建つ山岳信仰の霊場。行基作とつた伝えられる不動明王像を安置して建てられた山岳仏教信仰の霊場。江戸時代(延宝3年)徳川五代綱吉公が帰依した潮音禅師が黄檗宗黒瀧派の中心道場として再興した。県指定天然記念物の大杉がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:無休

所在地 〒370-2801 
群馬県甘楽郡南牧村大塩沢1267-1

電話番号

0274-87-3037

交通アクセス

(1)下仁田駅からなんもくバスで15分(小沢橋下車)

小沢橋から徒歩で100分

(2)上信越自動車道:下仁田ICから車で30分

すべての基本情報を見る

大和田市内に位置する瀧山不動寺(東北地域)は、大和田市の百年に一度の大和田市民祭では、大和田市内のみならず全国各地の人々に愛されている不動寺です。不動寺とは、岩手県大和田市にある「大和田市不動寺」のことで、天皇が太平洋戦争中、不動寺の前に建てられたものです。不動寺内には、国宝の木造像があり、不動寺の中央には天皇の宝石が宝石庫に置かれています。

不動寺は、建物のみならず、内部には宝石庫があり、不動寺の御堂の中には、各地の人々に愛されている宝石が数多くあります。不動寺内には、国宝の木造像があり、不動寺の中央には天皇の宝石が宝石庫に置かれています。その他にも、不動寺内には、不動寺の教会と境内にある聖堂、不動寺の教会前にある白い桜、不動寺の建物の裏にある不動寺の教会と境内にある寺院などがあります。

不動寺は、建物のみならず、内部には宝石庫があり、不動寺の御堂の中には、各地の人々に愛されている宝石が数多くあります。不動寺内には、国宝の木造像があり、不動寺の中央には天皇の宝石が宝石庫に置かれています。その他にも、不動寺内に

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。