三芳野神社(お城の天神様)


三芳野神社(お城の天神様)の地図情報☜

三芳野神社(お城の天神様)について

三芳野神社は、川越城の鎮守として寛永元年(1624)、時の城主酒井忠勝によって再建されたといわれています。
ここは、わらべ唄「とおりゃんせ」発祥の地といわれています。川越城内にあったため、一般の人の参詣はなかなか難しく、その様子が歌われていると伝えられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

その他:注)三芳野神社では、現在、社殿修理工事を行っております。参拝につきましては、拝殿に仮設参拝所を設置しておりますので、そちらで行うことができます。

所在地 〒350-0053 
埼玉県川越市郭町2-25-11

電話番号

交通アクセス

(1)東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで(東武バス神明町車庫行きほか(蔵のまち経由)「札の辻」下車徒歩15分)

(2)東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで(東武バス上尾駅西口行きほか(埼玉医大経由)「市役所前」下車徒歩10分)

(3)東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで(小江戸巡回バス「本丸御殿」下車徒歩1分)

(4)東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで(小江戸名所めぐりバス「博物館前」下車徒歩2分)

すべての基本情報を見る

神社とは、日本の地方における神社の名称で、中国神社や韓国神社等とは異なる。井戸神社、岩社神社、水戸神社など。日本においては、基本的に井戸神社が中心にある。

東北地域には、大津市、富山市、石川市など、各地に神社がある。大津市には、三芳野神社(お城の天神様)がある。三芳野神社は、山頂から海に上り、三芳の花が咲き乱れているという伝説がある。

三芳野神社には、大津市三芳野町の三芳野神社神社の前を通る「三芳野通り」がある。「三芳野通り」は、三芳野神社がある町並みから連なる通路である。通路の各々には、お祭りや花火など様々なイベントが行われている。

三芳野神社の前には、お祭り場「三芳野祭場」がある。お祭り場は、三芳野神社にある森の前にある。森には、野生の虫や動物がいる。お祭り場では、野生動物を使ったお祭りが行われている。

三芳野神社の裏側には、寺院がある。寺院は、大津市三芳野町寺院の近くにある。寺院の中には、三芳野神社にある「三芳野寺」がある。「三芳野寺」は、大津市三

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。