光丸山法輪寺


光丸山法輪寺の地図情報☜

光丸山法輪寺について

860年に慈覚大師が開山したと由緒あるお寺で、初院・中の院・奥の院の三院と大日堂(光丸山)からなります。西行桜(市指定文化財)や勅額(ちょくがく)門(市指定文化財)など数多くの文化財を所有しています。その中の一つ、大天狗面は、高さは2.14メートル、幅1.5メートル、鼻の高さ1.3メートル、重さ1トンで木製の天狗面では日本一といわれています。また、このお寺は鳥居のあるお寺としても知られています。
光丸山大縁日は毎年11月に行われ、なかでも11月3日は、本祭といって神輿の渡御が佐良土(さらど)の宿内をねり歩くもようが一番の見どころとなっています。この祭礼は、神仏習俗の名残を今にとどめている貴重な祭礼で、今でも多くの信仰を集めています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒324-0404 
栃木県大田原市佐良土1401

電話番号

0287-98-2606

交通アクセス

(1)西那須野駅からバスで32分(関東自動車バス(西那須野-馬頭線)
光丸山前下車)

すべての基本情報を見る

アメリカにあるホノルルの世界遺産、丸山法輪寺は、日本に登録されている神社です。丸山法輪寺は、明治11年(1889年)に日本人の高橋和三郎が創業したもので、建物は築地を基にしています。丸山法輪寺は、偶数法輪寺として登録されていますが、残りの一つである十五法輪寺も登録されています。

丸山法輪寺は、高さ約132メートル、幅約53メートル、奥行き約20メートルの三層構造の大きな神社です。丸山法輪寺には、八十八階建ての本殿と、八十九階にある善光寺があり、両方の寺院には、八十二寺院の長塔をはじめとする、多彩な聖像があります。

丸山法輪寺には、日本の絵画、陶芸、陶芸工芸などを中心に世界各国から訪れている芸術家が多数活躍しています。丸山法輪寺には、東京ディズニーランドの東京ディズニーシーにある「リトル・マーチ」の下にある「丸山ミュージアム」という施設があり、丸山法輪寺とリトル・マーチが並行して開催される「丸山マーケット」は、世界的な観光名所です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。