寶田恵比壽神社


寶田恵比壽神社の地図情報☜

寶田恵比壽神社について

祭壇の中央に安置する恵比寿神は、慶長11年(1606年)幕府伝馬役の馬込勘解由(まごめかげゆ)が徳川家康から授かったもので、運慶作とも左甚五郎作とも伝えたれている。
毎年10月19日20日には商売繁盛を祈る恵比寿講が開かれ、門前にはべったら市が立って賑わいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒103-0023 
東京都中央区日本橋本町3-10-11

電話番号

交通アクセス

(1)小伝馬町駅から徒歩で5分(東京メトロ日比谷線)

すべての基本情報を見る

家田恵比壽神社は、長野県南部の地域にある宗教活動のひとつで、明治時代に正教会が建立した神社です。

家田恵比壽神社は、仏教、日本伝統文化、長野県の伝統文化を基調とした活動を行っています。

また、家田恵比壽神社の地域では、小規模な農業を中心とした経済活動が弱っており、新たに活性化するべく、家田恵比壽神社が主催する経済活動や地域社会活動などを行っています。

また、家田恵比壽神社は、災害時には災害対策の一環として、地元の人々に対して、生活の便利な手段や災害対策のための情報を提供しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。