豊受皇大神宮


豊受皇大神宮の地図情報☜

豊受皇大神宮について

和銅2年(709)創建と伝えられます。古くは「半田大明神」と呼ばれました。江戸時代に水戸光圀が神鏡を奉納し伊勢豊受皇大神宮を奉遷し、「埴田宮」と改めたといわれます。村松大神宮が伊勢の内宮に対し、こちらは外宮になります。東側に白方公園があり、ゆっくりと散策を楽しむことができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒319-1106 
茨城県那珂郡東海村白方662

電話番号

029-282-2369

交通アクセス

(1)東海駅からタクシーで10分

すべての基本情報を見る

豊受皇大神宮は、大阪府豊受市の西側に位置する宮殿で、日本の神宮で最大級の地域を占める。

皇帝は、宮殿内の寺院の一つである豊受寺に貢献し、歴史的にも高い地位を築いている。

宮殿内には、皇帝の遺跡や寺院などが数多くある。

また、皇大神宮には、豊受皇帝の遺跡がある。

この遺跡は、皇帝の身体を保存していたとされる。

豊受皇大神宮は、大阪府豊受市の西側に位置する宮殿で、日本の神宮で最大級の地域を占める。

皇帝は、宮殿内の寺院の一つである豊受寺に貢献し、歴史的にも高い地位を築いている。

宮殿内には、皇帝の遺跡や寺院などが数多くある。

また、皇大神宮には、豊受皇帝の遺跡がある。

この遺跡は、皇帝の身体を保存していたとされる。

豊受皇大神宮は、大阪府豊受市の西側に位置する宮殿で、日本の神宮で最大級の地域を占める。

皇帝は、宮殿内の寺院の一つである豊受寺に貢献し、歴史的にも高い地位を築いている。

宮殿内には、皇帝の遺跡や寺院などが数多くある。

また、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。