八坂神社


八坂神社の地図情報☜

八坂神社について

7月下旬に行われる祇園祭は市内最大級のお祭りで、最終日に行われる「撞舞」は奇祭として、近隣や遠方からの大勢の見物客でにぎわいます。文治年間(1185~1190)、征夷大将軍源頼朝から地頭として常陸南部を領した下河辺政義が、龍ケ崎の開拓にあたり、台地にある高井の農民を移し、その村と寺院と天王社を分祀したのがはじめであるといわれていいます。祭神は、建速須佐之男命(たけはやすさのをのかみ)です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒301-0012 
茨城県龍ケ崎市上町4279

電話番号

0297-62-6284

交通アクセス

(1)関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

八坂神社(やさかじんじゃ)は、千葉県袖ケ浦市多古町に位置する神社です。八坂刀売命(やさかたちめのみこと)を主祭神として祀っています。

八坂神社は、多古町の地域の信仰の中心であり、地元の人々にとって重要な宗教的な場所となっています。神社の境内には、美しい自然が広がり、静かな雰囲気が特徴です。

この神社は、地元の祭りや行事にも深く関与しており、地域の文化や伝統を守る役割を果たしています。地元の人々にとっては、精神的な支えとなる場所であり、大切な存在として親しまれています。
管理人の話によると、神社は、霊廟として知られているが、現在は、休館中である。

神社の内部は、雪が降る中を歩くことができる。

神社内には、霊廟として知られている墓地がある。

墓地内には、霊廟として知られている獄がある。

獄は、霊廟として知られているが、今は、休館中である。
八坂神社は、総鎮守の八坂神社で、岡山県産の木造建築物で、旧津軽経由の高松守将軍の墓地として開設された。京都大学名誉教授の河村孝三さんが開設したのは、昭和18年のことで、その後、同大学院修士課程を修了した神戸大学教授の森隆之助さんが管理する。

八坂神社は、現在、神戸市中央区八坂1-1-1の八坂神社ビル1階にある。八坂神社は、総鎮守の八坂神社として開設されたが、今は神戸市中央区八坂1-1-1の八坂神社ビル1階にある。

八坂神社は、岡山県産の木造建築物で、旧津軽経由の高松守将軍の墓地として開設された。京都大学名誉教授の河村孝三さんが開設したのは、昭和18年のことで、その後、同大学院修士課程を修了した神戸大学教授の森隆之助さんが管理する。

八坂神社は、現在、神戸市中央区八坂1-1-1の八坂神社ビル1階にある。八坂神社は、総鎮守の八坂神社として開設されたが、今は神戸市中央区八坂1-1-1の八坂神社ビル1階にある。

八坂神社は、岡山県産の木造
良田八坂神社は、東北地域にある神社です。

神社の名前は、「良田八坂」で、八坂という名前がつけられたものです。

八坂という名前は、毎年8月8日に起源すると考えられています。

その八坂という名前がつけられたのは、江戸時代になっています。

神社の正面には、八坂山があり、その八坂山から下る途中には、良田八坂があります。

良田八坂神社は、建物の大部分が白塗りです。

そのため、神社の建物がとても美しいと評判があります。

神社の前には、良田八坂寺があり、その寺院は、16世紀に建立されました。

その後、神社の前には、良田八坂幼稚園が建ちました。

良田八坂神社を訪れる際には、ぜひご覧ください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。