圓福寺(飯沼観音)


圓福寺(飯沼観音)の地図情報☜

圓福寺(飯沼観音)について

飯沼観音の圓福寺は、坂東三十三ヵ所観音霊場第二十七番札所です。境内には、本尊・十一面観音を安置する観音堂(本堂)や五重塔があります。神亀5年(728年)、漁師の網にひっかかった十一面観音像の奉安に始まり、弘仁年間(810年~824年)に東国を巡っていた弘法大師が開眼したと伝えられています。毎月18日は縁日が行われます。銚子の繁華街や商店街は、飯沼観音を中心に形成され門前町として繁栄してきました。境内には、日本における河川測量の原点である「飯沼水準原標石」があります。文化財として歴史的、学術的に価値のあるものです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒288-0054 
千葉県銚子市馬場町293

電話番号

0479-22-1741

交通アクセス

(1)JR銚子駅からバスで10分

すべての基本情報を見る

飯沼観音は、東北地域のみならず、全国各地に設置されています。

このお寺は、天皇家の宮殿として有名です。

お寺内には、観音様の写真や銅像が展示されています。

銅像は、観音様のお肉をつけたもので、観音様が毎年生まれ変わるという歴史があります。

また、お寺内には、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋があり、観音様のお肉を食べることができます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋で食べることもできます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋で食べることもできます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋で食べることもできます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋で食べることもできます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋で食べることもできます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋で食べることもできます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き肉屋で食べることもできます。

飯沼観音は、観音様のお肉を焼いた焼き

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。