朝日稲荷神社


朝日稲荷神社の地図情報☜

朝日稲荷神社について

商売繁盛・家内安全・開運・火難・厄除・望願に霊験あらたかな神社として、全国から多くの参詣者が集まります。毎年2月に、二の午の祭事が盛大に行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒104-0061 
東京都中央区銀座3-8-12

電話番号

交通アクセス

(1)銀座駅から徒歩で(東京メトロ銀座線)

(2)東銀座駅から徒歩で(東京メトロ日比谷線
都営浅草線)

すべての基本情報を見る

朝日稲荷神社は、東北地域にある日本一の神社である。元々は、稲荷神社のひとつであったが、近代にて実施された大規模な修復工事によって、稲荷神社としては最大級の神社となっている。朝日稲荷神社は、太陽の光と稲の香りが満場一致することから、稲荷神社と呼ばれている。

朝日稲荷神社は、建物全体の色を変えることで、白、青、赤、黄、緑の5色の木造建築を表す。裏手には稲荷が埋められ、この稲荷は、天女に導かれて山頂に落ちてくるという伝説に基づいている。

また、朝日稲荷神社は、神社の境内にある山の頂にある海神社の水槽に捧げられた稲荷を基調とした花火も行われる。また、朝日稲荷神社には、日本一の重要な呪術寺院である日本三大神社の地位を確立した。

また、朝日稲荷神社には、太陽の光のような恵みを受けることができる場所があり、健康になることができるという効果があるとされている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。