蟠龍寺


蟠龍寺の地図情報☜

蟠龍寺について

本堂には本尊として「木像阿弥陀如来像」(都指定文化財)があり、天明年間(1781-1788)に東都三番札所となり善光寺式阿弥陀三尊像も祀られています。
「江戸名所図会」にのった境内は、当時の風趣が偲ばれ、元禄11年(1698)建立の地蔵尊があります。また、山手七福神の一つであり、江戸裏鬼門の鎮守として岩窟内に石造弁財天、弁天堂内に木造弁財天(八臂の天女像)が安置されています。
さらに境内には、藍蝋の歌碑や下目黒尋常小学校創立之碑などもあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒153-0064 
東京都目黒区下目黒3-4-4

電話番号

03-3712-6559

交通アクセス

(1)JR山手線/東急目黒線 目黒駅から徒歩で10分

(2)東急目黒線 不動前駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

蟠龍寺は、東北地域にある極めて古い寺院で、平安時代には藩主の徳川家康がこの地に宮廷に送り込んだといわれています。その後、安定した居住地となっています。

蟠龍寺の寺院は、中世以降の東北の寺院として知られています。寺院の寺院内部には、建物内にある壁画や天井等には、近代的な技法を用いて作られたものが多く、そのため、蟠龍寺は近代ロマンチックな寺院として知られています。

また、寺院内にある祭壇には、近代的な装飾品や、日本の伝統芸術との組み合わせが多いので、蟠龍寺は日本の近代的な寺院として知られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。