高林寺(東京都文京区)


高林寺(東京都文京区)の地図情報☜

高林寺(東京都文京区)について

将軍家の武運長久の祈願寺として創建された。 伽藍(がらん)が整い、学寮もあり土塀をめぐらした江戸時代の名刹(めいさつ)であった。 関東大震災と第二次大戦で焼失し、現在の本堂は昭和51年の再建である。 墓地内には、幕末期の蘭学者緒方洪庵夫妻の碑や明治・大正期の歌人岡麓の墓がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒113-0023 
東京都文京区向丘二丁目37番5号

電話番号

03-3821-1623

交通アクセス

(1)東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩で1分

すべての基本情報を見る

高林寺は東京都文京区が本拠地として、高林宮、高林寺、藤原寺、三宮寺、塩野寺などを含む八重洲寺の一つで、明治時代には東京都最大の松竹棚となっていた。2006年に文京区内に設置された「高林寺」として、高林宮との間にある寺院が運営されている。

高林寺は、18世紀初頭に建立された大坂高林宮と共に、明治時代には東京都最大の松竹棚となっていた。建物は、竹の棚側に建つ竹林の敷地を基に、球形の建物としている。建物は、竹の木の上に建てられている。

高林寺では、明治時代には、竹林に囲まれた寺院で、竹の棚を使った伝統的な寺院行事が行われていた。その一つとして、竹の棚を使った伝統的な寺院行事「竹林舞踏会」が有名である。また、高林寺では、明治時代には、東京都内にある寺院と対抗して竹の棚を使った寺院行事「竹林舞踏会」が行われていた。

また、高林寺は、明治時代には、東京都内にある寺院と対抗して竹の棚を使った寺院行事「竹林舞踏会」が行われていた。その一つとして、竹の棚を使った伝統的な寺院行

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。