正東山日本寺


正東山日本寺の地図情報☜

正東山日本寺について

『300年続いた学僧たちの学舎』正東山日本寺は、中山法華経寺(千葉県市川市)の三世日祐上人が元応元年(1319)に開基した日蓮宗の古刹。仏教史上有名な壇林(学校)のある寺として知られ、全国から学僧たちが集まり、この地で学びました。「寺院明細帳」には、天正15年(1587)日圓師が創立し、日蓮宗の僧の学校としては明治5年(1872)まで続き、明治8年(1875)から寺院になったと記されている。280余年の間全国から学僧を集め、常時500人程が在学していたといわれ、東西に隣接する2つの集落に学僧の寮が37棟、境内の教育施設の建物は80棟に及んだという。檀林と呼ばれた教育の場が廃止され、一山として住職が住む明治24年(1891)までの無住職時代にほとんどの施設は失われ、檀林時代の面影を伝える物は次のとおりである。承応2年(1653)建築の経蔵、元禄10年(1697)建築の妙見社、享和3年(1803)建築の鐘楼、本阿弥陀光悦書の偏額の懸る山門。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2257 
千葉県香取郡多古町南中1820

電話番号

0479-76-3745

交通アクセス

(1)成田駅からバスで45分

(2)芝山千代田駅からバスで25分

すべての基本情報を見る

日本寺は、元来は神社として使用されてきた場所で、現在は宗教施設として活躍しています。多くの寺が、明治時代に建てられたものですが、東山日本寺は、1868年に建てられた寺です。

寺内には、約1400品の華やかな墓地があります。その中でも、特にお馴染みの標語「新潟県立東山寺」があります。寺内には、新潟県立東山高校があり、この寺には、明治11年に建立された日本一の高校です。

寺には、多くの観光客が訪れています。東山日本寺は、その中でも、新潟県のみならず、全国各地で活躍している寺です。ぜひ、ご参質ください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。