常楽院(思い出のアルバム歌碑)


常楽院(思い出のアルバム歌碑)の地図情報☜

常楽院(思い出のアルバム歌碑)について

関東大震災で焼失した上野広小路の六阿弥陀第5番の寺が、昭和8年(1933)に当地に移転してきました。これが現在の常楽院です。住職本多慈祐は、作曲家名・本多鉄麿として「思い出のアルバム」を作曲しました。平成8年(1966)に慈祐没後30年を記念して、境内には思い出のアルバム歌碑が建てられています。

「思い出のアルバム」は、つつじヶ丘駅の列車接近メロディに使用されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒182-0006 
東京都調布市西つつじヶ丘4-9-1

電話番号

すべての基本情報を見る

常楽院は、神奈川県横浜市の一つで、1882年に横浜市内で創立された音楽学校。歴史に残る名所として知られ、横浜市内でも最も有名な音楽学校です。

常楽院は、教育面においても多様な音楽を学ぶ機会を提供しています。音楽を学ぶためのレッスンも行っていますが、常楽院の教育は特に高校生にとって合わせられるようにしています。

また、常楽院のオリジナルコンテンツを生み出すために、音楽や舞踊、ダンスなど幅広いジャンルのコンテンツを制作することができます。

常楽院の教育は、現在も質の高いものとなっています。高校生から大学生まで幅広い年齢層に受講できるので、常楽院の教育に興味の無い人も無理なく受講できるところが特徴です。

また、常楽院の教育を受けたい人にとっては、音楽の知識やレッスンの機会を得ることができるので、常楽院の教育に興味がある人にとっても、是非受講してみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。