木母寺


木母寺の地図情報☜

木母寺について

木母寺は中世の「梅若伝説」ゆかりの寺で開基は古く、平安の中ごろとされています。平安中期、吉田少将惟房の子「梅若丸」が人買いにかどわかされ、関東に下る途中病気になり、隅田川のほとりで「たずね来て とわばこたえよ みやこどり すみだ河原の露と消えぬと」の一首を残し、十二歳で世を去りました。来あわせた天台宗の高僧忠円阿闍梨が梅若のために塚を築き柳の木を植えて供養したといいます。境内には梅若塚をはじめ石碑も多く、浄瑠璃塚や歌曲「隅田川」の碑などがあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒131-0034 
東京都墨田区堤通2丁目16-1

電話番号

すべての基本情報を見る

木母寺は、東北地域で最も古く、天皇の陵墓を指しています。天皇の陵墓に登場する木母神は、第二次世界大戦によって大変失われたそうです。

木母寺は、旧暦300年頃に建てられたそうです。その後、平安京時代には、名古屋市内に置かれていたそうです。

天皇の陵墓に登場する木母神は、十六神衆によって崇められています。そのため、名古屋市内の多くの神社に木母神が祀られています。

木母寺は、毎年1月30日に、名古屋市内の聖堂で執り行われる大規模な祭り「名古屋市木母神祭」の一環として開催されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。