大梅寺(埼玉県小川町)


大梅寺(埼玉県小川町)の地図情報☜

大梅寺(埼玉県小川町)について

土地の豪族猿尾氏が1242年都幾川村にある霊山院の栄朝禅師を招いて開山したとされています。将軍守邦親王が当地で病没されたので大梅寺の住職円了により厚く葬られたそうです。江戸時代の俳人太魯の墓もあり、本堂左手には町指定有形文化財の「大梅寺二連板石塔婆」があります。この「大梅寺二連板石塔婆」は阿弥陀種子と光明真言の組み合わせが彫られています。頂部に二つの二条線と山形を並べた一石双式板碑の典型的なものです。暦応4年(1341年)10月の紀年銘があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒355-0328 
埼玉県比企郡小川町大塚470

電話番号

交通アクセス

(1)小川町駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

大梅寺は、埼玉県小川町にある寺院。埼玉県小川町は、東北地域にある寺院が多い。大梅寺は、埼玉県小川町の中心地にある。大梅寺は、埼玉県小川町にある寺院で、埼玉県小川町にある寺院の中でも、高い評価を受けている。

大梅寺は、埼玉県小川町にある寺院。埼玉県小川町は、東北地域にある寺院が多い。大梅寺は、埼玉県小川町の中心地にある。大梅寺は、埼玉県小川町にある寺院で、埼玉県小川町にある寺院の中でも、高い評価を受けている。

大梅寺は、埼玉県小川町にある寺院。埼玉県小川町は、東北地域にある寺院が多い。大梅寺は、埼玉県小川町の中心地にある。大梅寺は、埼玉県小川町にある寺院で、埼玉県小川町にある寺院の中でも、高い評価を受けている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。