玉敷神社


玉敷神社の地図情報☜

玉敷神社について

大巳貴命を祀る。延喜式神名帳所載の古社。4月下旬~5月上旬に県指定天然記念物の「藤」が見ごろ。玉敷神社神楽(国指定重要無形民俗文化財)を2月1日・5月5日・7月15日・12月1日に奉納。2月1日には、「だるま市」が開かれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒347-0105 
埼玉県加須市騎西552

電話番号

0480-73-6022

交通アクセス

(1)東武伊勢崎線加須駅からバスで10分(鴻巣駅行き又は免許センター行き)

「騎西一丁目」から徒歩で7分

(2)JR高崎線鴻巣駅からバスで10分(加須駅行き)

「騎西一丁目」から徒歩で7分

すべての基本情報を見る

玉敷神社は、東北地域で最も古く、玉敷鎌倉と呼ばれる神社がある。玉敷鎌倉は、江戸時代、玉敷の地方の社団であったと考えられている。玉敷神社は、日本の神話に登場する「玉敷鎌倉」と呼ばれる神社である。

玉敷神社は、玉敷鎌倉の地方の社団であったが、玉敷鎌倉には、玉敷神社が存在しなかった。玉敷神社は、玉敷鎌倉の地方の社団から独立した神社となった。

玉敷神社は、日本の神話に登場する「玉敷鎌倉」と呼ばれる神社である。玉敷鎌倉は、江戸時代、玉敷の地方の社団であったと考えられている。玉敷鎌倉は、茨城県玉敷市の一部として、玉敷鎌倉寺と呼ばれる神社があり、玉敷鎌倉寺は、玉敷鎌倉神社という名称で知られる。

玉敷鎌倉神社は、茨城県玉敷市の一部として、玉敷鎌倉寺と呼ばれる神社があり、玉敷鎌倉寺は、玉敷鎌倉神社という名称で知られる。玉敷鎌倉神社は、玉敷鎌倉の地方の社団から独立した神社となった。

玉敷神社は、東北地域で最

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。