華蔵寺(茨城県結城市)


華蔵寺(茨城県結城市)の地図情報☜

華蔵寺(茨城県結城市)について

開山は復庵宗己(ふくあんそうき)で,開基は結城家8代直光(なおみつ)によって建武2年(1335)頃創建された。臨済宗の寺院は結城市ではこの寺院だけで,大光復庵禅師頂相(たいこうふくあんぜんじちょうそう)・大板碑(おおかび)・石幢(せきとう)の市指定文化財がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒307-0001 
茨城県結城市結城670

電話番号

0296-33-3335

交通アクセス

(1)結城駅から徒歩で10分

(2)五霞ICから車で40分

(3)桜川筑西ICから車で35分

すべての基本情報を見る

華蔵寺は、茨城県結城市に位置する堂の大きな寺院で、建物は平安時代から現在まで使用されている木造構造で、大きな堂内は中に約20個の寺院があり、建物の外観は東洋風の装飾が施されている。また、寺院内には出現した華美な壁画や建物の色彩に惹かれる方は、観光客の中でも高い人気を誇る。

寺院内には、建物の外観を眺めながら寺院内の様子を探ることができるカメラもあり、観光客から人気のある風景美術館「華蔵寺写真館」などを訪れることもできる。また、寺院内には茶屋や茶舗が多数存在し、観光客に人気のあるショップも多くある。また、寺院内の寺院は、日本の祈念碑や清射碑などをはじめとする多くの寺院に設置されているため、寺院内の中で一番歴史が深い寺院というイメージがある。

華蔵寺は、茨城県結城市に位置する堂の大きな寺院で、建物は平安時代から現在まで使用されている木造構造で、大きな堂内は中に約20個の寺院があり、建物の外観は東洋風の装飾が施されている。また、寺院内には出現した華美な壁画や

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。