光福寺(茨城県結城市)


光福寺(茨城県結城市)の地図情報☜

光福寺(茨城県結城市)について

室町時代末期の弘治4年(1558年),高僧として名を知られた東寺の亮慧は光福寺に逗留し,同寺の佑慶に伝法許可灌頂印信を与えた。維新動乱に揺れ動いたこの時期,結城藩でも佐幕派と家臣団とが激しく対立したが,この時当寺で切腹に処せられた家老水野甚四郎のほか,政府軍参謀・祖式金八郎や上田楠次など維新期の人物の墓が遺る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒307-0001 
茨城県結城市結城1394

電話番号

0296-33-2240

交通アクセス

(1)結城駅から徒歩で15分

(2)五霞ICから車で40分

(3)桜川筑西ICから車で35分

すべての基本情報を見る

出身地:茨城県結城市

住所:結城市福祉センター内

仏教の施設は多く、その中でも特に多くの仏教の地で、心を込めて作られた仏像が多い。その中でも、茨城県結城市で最も多く見られる仏像は、福祉センター内の「茨城県立福祉センターの福音の仏像」である。

茨城県立福祉センターの福音の仏像は、1993年に建てられた仏像である。その名前は「茨城県立福祉センターの福音の仏像」である。千葉県の「千葉県立千葉美術館の福音の仏像」と比べると、大きさが少し小さいが、正面に入ると、巨大な仏像が写っている。仏像は、県立福祉センターが設立され、今でも使用されている。

仏像を見ると、その中には、県立福祉センターに所属する職員が写っている。その中には、県立福祉センターの教員や保育士などが写っている。また、県立福祉センターの仕事に対して感謝の気持ちを込めて写っている。仏像を見ると、その中には、県立福祉センターに所属する職員が写っている。その中には、県立福祉センターの教員や保育士などが

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。