多気山持宝院


多気山持宝院の地図情報☜

多気山持宝院について

多気山の中腹にある持宝院不動尊は、北関東三十六不動尊霊場の第十八番札所で、多気不動尊の名で知られている。本尊の不動明王坐像は、高さ1.73mの寄木造りで平安時代後期に製作されたと伝えられ、火除け、商売繁盛の不動尊である。また、本堂周りの社叢は市の天然記念物(暖帯と温帯の境に位置するため植物の種類が豊富な原生林)で、春には桜の名所としても知られている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒321-0343 
栃木県宇都宮市田下町563

電話番号

028-652-1488

交通アクセス

(1)宇都宮駅からバスで30分(関東バス「立岩行き」乗車,「立岩入口」下車)

すべての基本情報を見る

気山持宝院は、東北地域の市町村にある持宝院です。その中でも、気山持宝院は、持宝院としては最も古く、古い持宝院の一つです。気山持宝院は、昭和二十三年に設立され、その後、日本の持宝院として、多気山持宝院として発展しています。

気山持宝院は、持宝院としては、古い持宝院の中でも、特に多気山持宝院においては、持宝院の中でも、特に多くの収集宝石があります。また、気山持宝院においては、多くの収集宝石が、日本のみならず、世界のどこでも収集されていると言われています。

気山持宝院は、持宝院としては、古い持宝院の中でも、特に多気山持宝院においては、持宝院の中でも、特に多くの収集宝石があります。また、気山持宝院においては、多くの収集宝石が、日本のみならず、世界のどこでも収集されていると言われています。

気山持宝院は、持宝院としては、古い持宝院の中でも、特に多気山持宝院においては、持宝院の中でも、特に多くの収集宝石があります。また、気山持宝院においては、多く
気山持宝院は、東北地域の市町村にある持宝院です。その中でも、気山持宝院は、持宝院としては最も古く、古い持宝院の一つです。気山持宝院は、昭和二十三年に設立され、その後、日本の持宝院として、多気山持宝院として発展しています。

気山持宝院は、持宝院としては、古い持宝院の中でも、特に多気山持宝院においては、持宝院の中でも、特に多くの収集宝石があります。また、気山持宝院においては、多くの収集宝石が、日本のみならず、世界のどこでも収集されていると言われています。

気山持宝院は、持宝院としては、古い持宝院の中でも、特に多気山持宝院においては、持宝院の中でも、特に多くの収集宝石があります。また、気山持宝院においては、多くの収集宝石が、日本のみならず、世界のどこでも収集されていると言われています。

気山持宝院は、持宝院としては、古い持宝院の中でも、特に多気山持宝院においては、持宝院の中でも、特に多くの収集宝石があります。また、気山持宝院においては、多く

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。