光触寺


光触寺の地図情報☜

光触寺について

1279年(弘安2)に作阿上人が開山し、時宗に改めたと伝える。本尊の阿弥陀如来像は「頬焼阿弥陀」の名で知られ、盗みの疑いをかけられた法師の身代わりになり頬に焼印が残ったという話が伝えられる(通常非公開)。鎌倉三十三観音第7番。鎌倉二十四地蔵第5番。
※市内寺社の新型コロナウイルス対応については、鎌倉観光公式ガイド(https://www.trip-kamakura.com/article/8265.html)よりご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:10:00~16:00 ※本尊拝観は団体(10名以上)のみ受付、拝観料1名300円。要予約(一週間以上前までに)。

所在地 〒248-0001 
神奈川県鎌倉市十二所793

電話番号

0467-22-6864

交通アクセス

(1)鎌倉駅からバスで15分(十二所下車徒歩1分)

すべての基本情報を見る

赤坂触寺(東京都)

赤坂触寺は、東京都赤坂区にある触寺で、南北朝鮮による戦争によって焼夷地に落ちた火山の地面に建てられた触寺です。触寺の中心は、火山の地面に建てられた三段構造の上にあり、下には、焼夷地を走る道があります。触寺内には、触覚的な高級感を与える光の出没地として知られる「赤坂ホール」があり、日本の触覚学会でも数多くの論文が発表されています。

赤坂触寺は、東京都赤坂区にある触寺で、南北朝鮮による戦争によって焼夷地に落ちた火山の地面に建てられた触寺です。触寺の中心は、火山の地面に建てられた三段構造の上にあり、下には、焼夷地を走る道があります。触寺内には、触覚的な高級感を与える光の出没地として知られる「赤坂ホール」があり、日本の触覚学会でも数多くの論文が発表されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。