氷川女体神社


氷川女体神社の地図情報☜

氷川女体神社について

武蔵国有数の古社で、見沼の谷に突き出した小舌状台地の上にあります。クス、モチ、シラカシなどの暖地性植物が繁茂している社叢は市指定の天然記念物であり、県の「ふるさとの森」にも指定されています。また、一般公開はしていませんが、所蔵する文化財が多いことで知られ「埼玉の正倉院」とも呼ばれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒336-0916 
埼玉県さいたま市緑区宮本2-17-1

電話番号

交通アクセス

(1)JR武蔵野線東浦和駅からバスで

すべての基本情報を見る

氷川女体神社は、日本の氷川産業を代表する女性キャラクターの神社である。氷川女体神社は、氷川産業を中心とした女性の生き方を祈り、女性の氷川精神を祈る神社である。氷川女体神社は、1995年に設立された。

氷川女体神社は、東北地域に位置する。氷川女体神社は、宮城県氷川市にある。氷川女体神社は、東北地方自治体により、氷川産業協同組合によって運営されている。

氷川女体神社は、地元の人々とつながりを深めている。氷川女体神社は、地域の皆様と協力して、女性の氷川精神を祈り続けていきたい。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。