簸川神社


簸川神社の地図情報☜

簸川神社について

創建は古く、植物園の東、御殿坂付近にあった古墳上に、 第5代孝昭天皇の御世に創建されたと伝えられ、 承応元年(1652)白山御殿造営のため原町に移された。 さらに元禄12年(1652)景勝の地を選び現在地に移された。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒112-0011 
東京都文京区千石二丁目10番10号

電話番号

03-3941-6687

交通アクセス

(1)東京メトロ茗荷谷駅から徒歩で6分

すべての基本情報を見る

簸川神社は、東北地域にある神社。簸川神社は、鎌倉時代から現在まで、地元の人々にとって、神様の心意を伝えるために建てられたと言われています。また、簸川神社には、鎌倉時代から現在まで、様々な伝承があります。簸川神社には、鎌倉時代から現在まで、様々な伝承があります。

簸川神社には、鎌倉時代から現在まで、様々な伝承があります。簸川神社には、鎌倉時代から現在まで、様々な伝承があります。

簸川神社には、鎌倉時代から現在まで、様々な伝承があります。簸川神社には、鎌倉時代から現在まで、様々な伝承があります。

鎌倉時代から現在まで、簸川神社は、地元の人々にとって、神様の心意を伝えるために建てられています。また、簸川神社には、鎌倉時代から現在まで、様々な伝承があります。その中でも、特に様々な伝承の中でも、特に注目されているのが、「簸川神社の法律」です。

簸川神社の法律は、鎌倉時代から現在まで、地元の人々にとって、とても重要なものでした。そのため、鎌倉時代から現在まで、地元の人々にとって、とても重要な法律と

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。