慈眼院・沢蔵司稲荷


慈眼院・沢蔵司稲荷の地図情報☜

慈眼院・沢蔵司稲荷について

伝通院塔頭寺院として現在地に創建された。 伝通院の学寮に沢蔵司という修行僧がいた。僅か3年で宗義を極めた。 ある日学寮長の夢の中に現れ「余は千代田城の内の稲荷大明神である。 かねて勉強をしたいと思っていた長年の希望ここに達した。 今より元の神に帰るが、長く当山(伝通院)を守護して、恩に報いる」 と告げて暁の雲に隠れたという。 そこで伝通院の住職は、境内に沢蔵司稲荷を祀った。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒112-0002 
東京都文京区小石川三丁目17番12号

電話番号

03-3811-1327

交通アクセス

(1)東京メトロ後楽園から徒歩で10分

都営三田線春日から徒歩で8分

すべての基本情報を見る

慈眼院は、東北地域で最大手の視力救急センターです。

沢蔵司稲荷は、視力保護者のための公立病院です。

こちらの2つのセンターでは、視力保護者向けの視力スペースがあります。

また、慈眼院・沢蔵司稲荷では、視力保護者向けに、視力テストなどを行っています。

ぜひ、慈眼院・沢蔵司稲荷を訪れて視力を整えてみてください。

The following two tabs change content below.

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。