蒲生神社


蒲生神社の地図情報☜

蒲生神社について

宇都宮市で生まれた江戸時代の儒学者で前方後円墳の名づけの親,蒲生君平を祀る。合格祈願に訪れる受験生が多い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒320-0027 
栃木県宇都宮市塙田5丁目1番19号

電話番号

028-622-4852

交通アクセス

(1)JR宇都宮駅からバスで5分(JR宇都宮駅西口バスターミナルより市内バス乗車、「県庁前」下車)

「県庁前」から徒歩で10分

(2)東北自動車道鹿沼ICから車で20分

(3)東北自動車道宇都宮ICから車で20分

すべての基本情報を見る

蒲生神社は、東北地域にある神社で、昭和20年代初期に建てられたもの。建物の外観は、祖神が持ち出した石でできたもの。祖神が持ち出した石が、何千年も積み重ねてきた結晶であることから、蒲生神社は、道徳的な働きをしていると言われている。

神社内には、神殿と祭壇があり、多くの人が当たり前のように神社に訪れている。また、蒲生神社では、年に一度の蒲生祭が行われ、多くの人が参加する。蒲生祭は、祖神が持ち出した石を祭壇に置き、その石の上に火を灯し、祭神が祈った後に、祭壇に置かれる。このとき、祭神とは、祖神であることが確認される。

蒲生神社は、東北地域にある神社で、昭和20年代初期に建てられたもの。建物の外観は、祖神が持ち出した石でできたもの。祖神が持ち出した石が、何千年も積み重ねてきた結晶であることから、蒲生神社は、道徳的な働きをしていると言われている。

神社内には、神殿と祭壇があり、多くの人が当たり前のように神社に訪れている。また、蒲生神社では、年に一度の蒲生祭が行われ、多くの人が参加する。蒲生祭は、祖神が持ち出した石

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。