東金砂神社


東金砂神社の地図情報☜

東金砂神社について

東金砂山の頂上に位置する神社で、祭神は大己貴命と少彦名命。創建は西金砂神社と同じく大同元(806)年、平城天皇の勅願によって宝珠上人が社殿を造営し、祭壇を設けて、近江国比叡山の日吉神社の分霊を勧請・祭祀し、国家安泰、五穀豊穣の祈願所としたのが始まりとされます。72年ごとの大祭礼や毎年2月に行われる嵐除祭の際に奉納される田楽舞は国選択・県指定無形民俗文化財。また、樹齢約500年を誇る御神木のモチノキは県指定天然記念物です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒313-0351 
茨城県常陸太田市天下野町9740

電話番号

0294-85-1638

交通アクセス

(1)常陸太田駅からバスで50分

すべての基本情報を見る

東金砂神社は、北海道東部に位置する東金砂の野外神社で、北海道東部の東金砂を祀る神社です。

神社の前には、東金砂を見渡す美しい田園があり、神社の前の道は樹木が多く、樹木の下には地面が見えるのが特徴です。

東金砂神社は、昭和27年に設立されました。

現在、神社内には、東金砂神社会館があり、東金砂神社会館では、東金砂を語る会、東金砂を観る会が開催されています。

また、東金砂神社には、資料館があり、東金砂を語る資料館、東金砂を観る資料館があります。

東金砂神社は、毎年、夏と冬の2回、火と水を祀る大規模な祭典が開催されます。

東金砂神社は、訪れる人は、観光にとても挑戦しやすい、とても素晴らしい神社です。
東金砂神社は、北海道東部に位置する東金砂の野外神社で、北海道東部の東金砂を祀る神社です。

神社の前には、東金砂を見渡す美しい田園があり、神社の前の道は樹木が多く、樹木の下には地面が見えるのが特徴です。

東金砂神社は、昭和27年に設立されました。

現在、神社内には、東金砂神社会館があり、東金砂神社会館では、東金砂を語る会、東金砂を観る会が開催されています。

また、東金砂神社には、資料館があり、東金砂を語る資料館、東金砂を観る資料館があります。

東金砂神社は、毎年、夏と冬の2回、火と水を祀る大規模な祭典が開催されます。

東金砂神社は、訪れる人は、観光にとても挑戦しやすい、とても素晴らしい神社です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。