長光寺(千葉県山武市)


長光寺(千葉県山武市)の地図情報☜

長光寺(千葉県山武市)について

長光寺は日蓮宗の寺で永正11年(1514)現在の千葉市中田町に創建されたが、江戸時代の寛文9年(1669)に埴谷出身の9代目住職・日禅上人の時に領主の井上筑後守政清の寄進により現在の地に移された。境内には山武市指定天然記念物のしだれ桜(樹齢300年、高さ15m、幹の太さ5m)があり、毎年3月末から4月上旬にかけて花を咲かせ、多くの花見客で賑わう。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-1223 
千葉県山武市埴谷1175

電話番号

0475-89-1046

交通アクセス

(1)山武成東ICから車で15分

すべての基本情報を見る

長光寺は、千葉県山武市にある寺院で、明治13年(1887)に大正天皇が訪問した際に開展された。天皇が訪問した際、当時の千葉県山武市は、木造建築物や杉の家が多く、寺院は新しく形を取った。長光寺は、寺院としての機能を持つ施設で、多くの寺院と同様に、僧侶の教えを受けることができる。また、寺院内には、献花家や養蜂家、天然資源を用いた農業家など、多くの寺院と同様に、多様な機能を持つ施設がある。長光寺は、千葉県山武市にある寺院で、明治13年(1887)に大正天皇が訪問した際に開展された。天皇が訪問した際、当時の千葉県山武市は、木造建築物や杉の家が多く、寺院は新しく形を取った。長光寺は、寺院としての機能を持つ施設で、多くの寺院と同様に、僧侶の教えを受けることができる。また、寺院内には、献花家や養蜂家、天然資源を用いた農業家など、多くの寺院と同様に、多様な機能を持つ施設がある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。