飯尾寺(飯尾の不動さま)


飯尾寺(飯尾の不動さま)の地図情報☜

飯尾寺(飯尾の不動さま)について

重要文化財の不動尊像は飯尾の不動さまとして知られる。鎌倉末期の作品、九十九里沿岸の人々の海難援助の霊験ありと信仰を集めた。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒297-0206 
千葉県長生郡長柄町山根821番地

電話番号

交通アクセス

(1)茂原駅からバスで20分(ロングウッドステーション行き
長柄中下行き)

国府里バス停から徒歩で10分

(2)圏央道 茂原長南ICから車で10分

(3)京葉道路 蘇我ICから車で30分

すべての基本情報を見る

飯尾寺は、山中湖から約10キロほどの地域にある寺で、明治初期には飯尾川を渡っていたが、山中湖の地下水が発達したことにより、飯尾川から湖に流れ込み、湖水の水量が増え、寺の地下に穴が開いていったので、飯尾寺と呼ばれた。

これは、飯尾川から湖に流れ込み、湖水の水量が増えたことで生まれた伝説で、飯尾寺の地下に穴が開かれたということで有名だ。飯尾寺は、海と山が交互に見渡されるように、天の下にある不動な寺として知られている。

飯尾寺は、山中湖から約10キロほどの地域にある寺で、明治初期には飯尾川を渡っていたが、山中湖の地下水が発達したことにより、飯尾川から湖に流れ込み、湖水の水量が増え、寺の地下に穴が開いていったので、飯尾寺と呼ばれた。これは、飯尾川から湖に流れ込み、湖水の水量が増えたことで生まれた伝説で、飯尾寺の地下に穴が開かれたということで有名だ。飯尾寺は、海と山が交互に見渡されるように、天の下にある不動な寺として知られている。 今回は、飯尾寺を詳しく紹介していきたい。

飯尾寺は、山中湖から約10キロほど

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。