臨川寺


臨川寺の地図情報☜

臨川寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒135-0024 
東京都江東区清澄3-4-6

電話番号

すべての基本情報を見る

臨川寺は、東北地方の臨川市にある寺院で、江戸時代から明治時代にかけて活躍した藤原徳光(1853~1916)の寺院です。「藤原徳光寺」とも呼ばれるため、臨川寺は、徳光寺という名前で知られています。

臨川寺は、徳光寺の正面にある大塔に突如として建てられた寺院です。大塔は、藤原徳光の寺院で最も古いもののひとつで、1886年に建てられました。

また、臨川寺には、徳光寺と同様に、大内寺(内大蔵寺)という寺院もあります。大内寺は、徳光寺の後ろにあり、1903年に建てられました。

また、臨川寺には、徳光寺の正面にある大塔に突如として建てられた寺院です。大塔は、藤原徳光の寺院で最も古いもののひとつで、1886年に建てられました。

また、臨川寺には、徳光寺と同様に、大内寺(内大蔵寺)という寺院もあります。大内寺は、徳光寺の後ろにあり、1903年に建てられました。

臨川寺は、寺院には霊廟があり、その霊廟は、徳光寺と同様、建てられたものとは異なります。徳光寺は、建てられた霊廟のほとんどが、大内寺のほとんどが、明治時代に建てられたものです。

また、臨川寺には、徳光

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。