長泉院


長泉院の地図情報☜

長泉院について

秩父札所29番。葛飾北斉筆の納額や石札がある。本尊は聖観世音。札所29番の入り口に古木のしだれ桜ある。毎年美しく咲いていたが、だんだん前方の杉が大きくなったため日陰となり花が咲かなくなった。その時、浦山ダム工事がはじまりこの杉が伐採され、それからは美しく花を咲かせるようになったことから、この桜は「よみがえりの一本桜」と呼ばれている。春の桜に加え、紅葉の時期には境内のモミジも美しく咲き誇る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒369-1802 
埼玉県秩父市荒川上田野557

電話番号

0494-54-1106

交通アクセス

(1)秩父鉄道浦山口駅から18分

すべての基本情報を見る

長泉院は、東北地域では最も古く、古くから文化遺産に登録されている寺院です。建てられたときは、大海の前にあり、金属製の庭園を造っていました。長泉院は、奈良県、岐阜県、兵庫県、福島県でも一般に見られます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。