浄閑寺(投込寺)


浄閑寺(投込寺)の地図情報☜

浄閑寺(投込寺)について

安政2年(1855)の大地震で犠牲となった新吉原の遊女たちの遺体が投げ込まれたことから別名“投込寺”とも呼ばれています。吉原遊女約11、000人を埋葬。 小説家の永井荷風は、遊女の暗く悲しい生涯に思いをはせて、たびたびこの寺を訪問していました。荷風の筆塚と詩碑はその縁で建てられました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:年中公開

所在地 〒116-0003 
東京都荒川区南千住2-1-12

電話番号

03-3801-6870

交通アクセス

(1)南千住駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

投込寺は、東北地域を中心に広がり、その西部には約1000人の信者がいる。この投込寺は、投込寺僧の修行に励むため、様々な勉強会を開催している。また、修行所や施設などを設置している。投込寺は、寺院内には様々な施設があり、修行に励む者にとって、とても便利である。また、寺院内には食料品や水なども販売しているので、修行に励む者であれば、とても便利である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。