女化神社


女化神社の地図情報☜

女化神社について

女化神社は永正6年(1509年)に京都にある伏見稲荷大社を詣でた地元の人が女化の地に稲荷信仰を伝えたのが、女化神社のルーツとされています。 神社の正式な名称も過去に3度変更になっています。(女化神社宮司の話) 文久2年(1862年)に建てられた以前の本殿を全面改装し、現在の本殿は平成14年3月に再建された建物です。 年越しを待って初詣でをする人たちで大晦日から元旦にかけては大勢の参詣客で賑わいます。特に午前0時に奉納太鼓が鳴り響いた後は、参詣客で行列が出来ます。また、参堂の両脇には所狭しと出店が並び華やかさに色を添えています。 また、毎年旧暦2月の最初の午の日には初午が開かれ大勢の人々で賑わいをみせます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
茨城県牛久市竜ヶ崎市馴馬5387

電話番号

029-872-2237

すべての基本情報を見る

日本神社を訪れるなら、全国的に有名な「神社のリゾート」としても知られる、茨城県岩手県の神社「化神社」を訪れるのがおすすめです。

化神社は、10月から11月の2カ月間、リゾートとして開催されています。

リゾート内には、神社の前にある公園、その他、海や山、湖、河などがあり、景色がよく楽しめると思います。

また、リゾート内には神社のみならず、旅館やレストランなどもあり、旅行者にとっては非常に便利な場所です。

日本神社を訪れるなら、化神社の地域を詳しく紹介してみましょう。

化神社の地域は、茨城県岩手県の「岩手県八重山市」にあります。

八重山市は、日本の地球標準時計座標である「日本八重山」と「長野県日本東海道」を結ぶ県道の1つです。

八重山市にある化神社は、岩手県八重山市の中心部に位置しているので、岩手県八重山市内でもたった1日ですぐに化神社に到着できます。

また、リゾート内には、八重山鉄道「八重山」があり、リゾートからは約60kmほどのところにあります。

リゾートからは、八重山の地下鉄「八重

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。