常性寺


常性寺の地図情報☜

常性寺について

鎌倉時代の創建といわれ、もとは多摩川沿い(現調布三中)にありましたが、慶長年間に現在地の旧甲州街道沿いに移築されました。本堂の他、不動尊・地蔵堂があり、とくに不動尊には成田山不動尊の御分神を祀り、調布のお不動さまとして広く近在の人々に信仰され、親しまれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒182-0022 
東京都調布市国領町1-2-8

電話番号

042-482-8013

交通アクセス

(1)布田駅から徒歩で2分

調布駅東口から徒歩で8分

車で(中央自動車道(調布インター)より甲州街道を新宿方面に約2キロ直進し、「下布田交差点」を右折。)

すべての基本情報を見る

寺の名前は「寺庙の高い山」。

常性寺は、東北地域に位置する寺庙。山の上に位置し、寺の境内には大きな池があり、寺の高い山に囲まれている。

常性寺は、南北朝鮮と韓国の間にある寺庙で、2002年に日本国内にオープンした寺で、最も高い山となっている。

寺の名前は「寺庙の高い山」。

常性寺は、東北地域に位置する寺庙。山の上に位置し、寺の境内には大きな池があり、寺の高い山に囲まれている。

常性寺は、南北朝鮮と韓国の間にある寺庙で、2002年に日本国内にオープンした寺で、最も高い山となっている。

寺の名前は「寺庙の高い山」。

常性寺は、東北地域に位置する寺庙。山の上に位置し、寺の境内には大きな池があり、寺の高い山に囲まれている。

常性寺は、南北朝鮮と韓国の間にある寺庙で、2002年に日本国内にオープンした寺で、最も高い山となっている。

寺の名前は「寺庙の高い山」。

常性寺は、東北地域に位置する寺庙。山の上に位置し、寺の境内には大きな池があり、寺の高い山に囲まれている。

常性寺は、南北朝鮮と韓国の間にある寺庙で、2002年に日本国内にオープンした

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。