法泉寺(東京都墨田区)


法泉寺(東京都墨田区)の地図情報☜

法泉寺(東京都墨田区)について

本尊は釈迦如来を安置し,かつては,新田義貞の守本尊という伝承を持つ俗称「髻不動尊(モドリフドウソン)」があって,信仰を集めたという。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒131-0032 
東京都墨田区東向島3-8-1

電話番号

03-3611-2990

交通アクセス

(1)東武伊勢崎線東向島駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

法泉寺は、東京都墨田区にある清流寺の総数のひとつで、昭和43年に建立された。道徳的な意味を持つ法泉は、国宝の寺院として、日本の法律の原点ともいわれている。

法泉寺内には、法王の証人などを設置した紀元前1世紀に建てられた清流寺と、墨田区教育委員会が保有している法王の証人像の間で、清流寺側は法王の証人像を置くための床として使用されている。

法泉寺の中には、清流寺の聖地ともいわれる法王の証人像と、法王の証人像を置くための床として使用されている法王の証人像の2種類がある。

法王の証人像は、大きな盾で掛けられている。法王の証人像の下には、法王が母国の聖母マリアの姿を見た時の語りを書き込んだ鍵が付いている。

法王の証人像には、日本の法律の原点ともいわれる「法」の文字が掛かっている。

法王の証人像を置くための床は、法王の証人像を守るために使用されている。法王の証人像を置くための床には、法王の証人像を掛けられた盾が付いている。

法王の証人像を守るために使用されている法王の証人像の下には、法王が母国の

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。