稲荷神社(十余三地区)


稲荷神社(十余三地区)の地図情報☜

稲荷神社(十余三地区)について

旧十余三区の鎮守である。この周辺は、古い馬牧であった地を、明治の初めに政府の後援によって開拓され、13番目であったことからこう名付けられた。明治4年(1871)に開拓の成功を祈って石宮を祀り、明治13年(1880)に生活も安定した頃に、改めて鎌ヶ谷市初富の豊作稲荷を分祀したといわれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2306 
千葉県香取郡多古町十余三284番地22-5

電話番号

すべての基本情報を見る

稲荷神社は、日本神宮とともに世界遺産に登録されている。

稲荷神社は、稲荷山(イナゴ山)の真ん中にある。

稲荷神社は、明治維新に入ってから稲荷神社として建てられた。

稲荷神社は、天王寺と稲荷山の間にある。

稲荷神社では、日曜日の朝、稲荷神社の前に稲荷山を訪れることができる。

稲荷神社では、稲荷山を望むことができる観光スポットがある。

稲荷神社は、古代から宗教的働きを行っている。

稲荷神社は、十余三地区の中でも最も大きな神社である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。